商品情報にスキップ
1 2

6/29 無名の絵描きが、なぜ絵で生活できて、なぜ二冊目の本を出せるのか。『美の共感思考』出版記念

6/29 無名の絵描きが、なぜ絵で生活できて、なぜ二冊目の本を出せるのか。『美の共感思考』出版記念

開催日時:6月29日(土)15時00分~16時30分

登壇者:福井安紀さん

販売開始:2024年6月3日 12:00

販売終了:2024年7月14日 12:00

※「会場参加チケット」は2024年6月29日14:00までとなります。

アーカイブ配信期間:

2024年6月30日15時00分~2024年7月14日23時59分

アーカイブ配信はイベント開催日の翌日15時からご視聴可能となります。
配信期間の詳細については、ご購入時にダウンロードいただける参加方法が記載されたPDFファイルをご確認下さい。

通常価格 ¥1,650
通常価格 セール価格 ¥1,650
書籍付き 売り切れ
税込み。   配送料はチェックアウト時に計算されます。
・チケット選択

 

イベント内容

無名の絵描きが、なぜ絵で生活できて、なぜ二冊目の本を出せるのか。初の著書『職業は専業画家』(誠文堂新光社)から3年、2冊目となる『美の共感思考』(同社)の出版を記念して、著者・福井安紀さんによるトークイベントを開催いたします。個人活動のノウハウやコツ、書籍にまつわるここでしか聞くことのできないエピソードをお話いただきます。

【繁盛の3ポイント】
1.無名だから、共感される。
2.専業画家は、絵も売るが、人も売る。
3.共感されて、活動を展開させやすくなる工夫。

チケットのダウンロード方法

 ご購入が完了しましたら、参加方法が記載されたPDFファイルをダウンロードの上、イベント当日(またはアーカイブ配信終了まで)保管してください。

ダウンロードは以下のいずれかから可能です。

①購入完了画面に表示された「イベント参加・視聴チケットのダウンロード」ボタンよりダウンロード
②購入完了後送信される「イベント参加・視聴方法 注文番号:#○○○○○(5ケタの番号)」メールからダウンロード
③マイページからダウンロード

詳しいダウンロード手順はこちら

当日の配信について

ZOOMでの配信となります。
イベントによっては、ZOOM画面下のチャットやQ&Aをご利用いただけます。
登壇者にお聞きしたいことなど、ぜひご利用ください。
配信日時になりましたら、ダウンロードいただいたチケットPDF内に記載の<リアルタイム配信>の項目から、配信用URLをクリックしてご視聴ください。

ZOOMの利用方法については、こちらもご参照ください。

アーカイブ配信について

当日ご参加いただけない場合でも、アーカイブ配信をご用意しております。
イベント終了日の翌日15時よりご視聴いただけます。
アーカイブ期間については本ページ上段に記載の「アーカイブ配信期間」をご参照ください。

視聴方法ついての詳細はダウンロードいただいたチケットPDF内<アーカイブ配信>の項目に記載しておりますので、そちらをご確認ください。

チケットについて

オンライン視聴チケット

ご購入後、アカウント登録いただいたメールアドレスに「参加方法」メールが届きます。
記載内容に沿ってチケットPDFをダウンロードください。
ダウンロード方法の詳細は、本ページ上段「チケットのダウンロード方法」をご確認ください。

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店会場参加チケット

MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 4階イベントスペースでイベントをご観覧いただけます。
ご購入いただくと、イベント参加方法に関する情報がダウンロードできます。
イベント終了後、アーカイブ配信にてイベントをご覧いただけます。
詳細はダウンロードしたチケットPDFをご参照ください。

会場の座席数に限りがあるため、数量限定、先着順での販売となります。予めご了承ください。
※本イベントの書籍はイベント当日に会場にて販売いたします。
イベント来店に合わせて書籍のご購入をされる場合は、イベント当日に会場にて別途、書籍をお買い上げください。

会場:
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 4階イベントスペース

住所:
〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町7−20 チャスカ茶屋 町 地下1階 ~6階

書籍付きオンライン視聴チケット

『美の共感思考』(誠文堂新光社)を、ご登録いただいた配送先住所へ郵送にてお届けいたします。
オンライン視聴チケットは別途、本ページ上段「チケットのダウンロード方法」をご参照の上、チケットをダウンロードください。

発送日:より順次。
発送からお手元に届くまで一週間程度かかります。

送料:370円

 

詳細を表示する
  • 福井 安紀(ふくい さだのり)

    画家・絵師。1970年京都府生まれ。
    サラリーマンを経たのち、30歳から絵だけで生活する道へ進む。土と石の自家製絵具で制作を続け、2013年、42歳で髙砂神社能舞台の鏡板の松を制作する機会をいただく。45歳のときに、江戸時代の絵師にあこがれ、安価に、すばやくふすま絵を描く「ふすま絵プロジェクト」を立ち上げる。各地の住宅、店舗、ホテル、寺院などでふすま絵、壁画、天井画などさまざまな種類の絵を描き続けている。2023年までに個展150回以上、多数のふすま絵制作など、画家活動の限界に挑んでいる。著書:『職業は専業画家』(誠文堂新光社、2021年)

  • 美の共感思考/福井 安紀

    出版社:誠文堂新光社
    ISBN:9784416723067

    税込:¥1980