商品情報にスキップ
1 2

2024年6月30日 12:00まで販売中!

6/15 『35年目のラブレター』著者・小倉孝保 × 主人公・西畑保 ぼくが還暦を過ぎて奈良の夜間中学で読み書きを学ぶまで"

6/15 『35年目のラブレター』著者・小倉孝保 × 主人公・西畑保 ぼくが還暦を過ぎて奈良の夜間中学で読み書きを学ぶまで"

本商品は、6月15日(土)15時00分~16時30分に実施したイベントの販売となります。

登壇者:小倉孝保さん×西畑保さん

販売開始:2024年5月20日 12:00

販売終了:2024年6月30日 12:00

※「会場参加チケット」は2024年6月15日14:00までとなります。

アーカイブ配信期間:

2024年6月16日15時00分~2024年6月30日23時59分

※アーカイブ配信はイベント開催日の翌日15時からご視聴可能となります。配信期間の詳細については、ご購入時にダウンロードいただける参加方法が記載されたPDFファイルをご確認下さい。

通常価格 ¥1,650
通常価格 セール価格 ¥1,650
書籍付き 売り切れ
税込み。   配送料はチェックアウト時に計算されます。
・チケット選択

 

イベント内容

貧しさが原因で小学校低学年のうちに学校に通わなくなった西畑保さん。読み書きができないまま社会に出て差別的な扱いを受けた西畑さんですが、持ち前の明るさを失わず、64歳になって愛する妻にラブレターを書こうと一念発起して夜間中学に通い始め、ついに念願のラブレターを送ります。西畑さんに寄り添って本を書きあげた毎日新聞論説委員の小倉孝保さんとの対話によって、西畑さんの人生、夜間中学校の現状、そして「何歳になっても学ぶのに遅すぎることはない」という強いメッセージをお伝えします。なお、西畑さんの人生は、『35年目のラブレター』という同じタイトルで、2025年3月7日から全国劇場公開されることが決まっています。

チケットのダウンロード方法

<チケットのダウンロード>

ご購入が完了しましたら、下記手順に沿ってチケットをダウンロードの上、イベント当日(またはアーカイブ配信終了まで)保管してください。
チケットのダウンロードは以下のいずれかから可能です。

①購入完了画面時に表示された「イベント参加・視聴チケットのダウンロード」ボタンよりダウンロードする場合

 1.購入完了後に表示される「注文完了ページ」の「イベント参加・視聴チケットのダウンロード」ボタンをクリック
 2. チケットをダウンロード

②購入完了後送信されるメールからダウンロードする場合

 1. 購入完了後にご登録いただいたメールアドレスに「イベント参加・視聴方法 注文番号〇〇〇〇」というタイトルのメールが送信されるので、「注文を確認する」ボタンをクリック
 2. 注文内容ページにある「イベント参加・視聴チケットのダウンロード」ボタンをクリック
 3. チケットをダウンロード

③マイページからダウンロード

 1. 購入完了後にマイページにログイン
  ログインはコチラ
 2. マイページ内「購入チケットのダウンロード」ボタンをクリック
 3. ご購入いただいたイベントを選択
 4. チケットをダウンロード
iPhoneの場合は「ファイル」アプリ内、androidの場合はブラウザのメニューから「ダウンロード」より閲覧いただけます。

 

アーカイブ配信について

当日ご参加いただけない場合でも、アーカイブ配信をご用意しております。
イベント終了日の翌日15時よりご視聴いただけます。
アーカイブ期間については本ページ上段に記載の「アーカイブ配信期間」をご参照ください。

視聴方法ついての詳細はダウンロードいただいたチケットPDF内<アーカイブ配信>の項目に記載しておりますので、そちらをご確認ください。

チケットについて

オンライン視聴チケット

ご購入後、アカウント登録いただいたメールアドレスに「参加方法」メールが届きます。
記載内容に沿ってチケットPDFをダウンロードください。
ダウンロード方法の詳細は、本ページ上段「チケットのダウンロード方法」をご確認ください。

書籍付きオンライン視聴チケット

『35年目のラブレター』(講談社)を、ご登録いただいた配送先住所へ郵送にてお届けいたします。
オンライン視聴チケットは別途、本ページ上段「チケットのダウンロード方法」をご参照の上、チケットをダウンロードください。

発送日:より順次。
発送からお手元に届くまで一週間程度かかります。

送料:370円

 

詳細を表示する
  • 小倉 孝保(おぐら・たかやす)

    ノンフィクション作家。滋賀県生まれ。1988年、毎日新聞社に入社。カイロ支局長、ニューヨーク支局長、欧州総局長、外信部長を経て論説委員。『柔の恩人 「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界』(小学館)で、小学館ノンフィクション大賞(2011年)、ミズノスポーツライター賞最優秀賞(2012年)をダブル受賞。2014年、乳がんの予防切除に道を開いた女性を追ったルポで日本人として初めて英外国特派員協会賞受賞。他の著書に、『十六歳のモーツァルト 天才作曲家・加藤旭が遺したもの』(KADOKAWA)、『踊る菩薩 ストリッパー・一条さゆりとその時代』(講談社)などがある。

  • 西畑 保(にしはた・たもつ)

    1936年、和歌山県生まれ。山間部の炭焼き小屋で育ち、貧しさゆえに小学校で教師とクラスメートから差別的な扱いを受けて、低学年のうちに学校に通わなくなる。10代前半で働きはじめ、おもに飲食店で腕を磨くが、読み書きができないことが生活するうえで大きな障壁となる。皎子(きょうこ)さんと見合い結婚し、ふたりの娘をもうける。64歳になって、読み書きを習って妻にラブレターを書きたいと一念発起し、奈良市立春日中学校夜間学級に通いはじめ、2020年に同校を卒業。現在、「春日夜間中学校を育てる会」の会長として、全国で夜間中学校設立の意義について講演活動をしている。

  • 35年目のラブレター/小倉 孝保

    出版社:講談社
    ISBN:9784065348499

    税込:¥1980