商品情報にスキップ
1 5

【ご好評につき再販売!!】『ぼく』刊行記念


谷川俊太郎さん×合田里美さん×筒井大介さん オンライントークイベント


谷川俊太郎さん×合田里美さん×筒井大介さん オンライントークイベント

本イベントは

谷川俊太郎さん×合田里美さん×筒井大介さん オンライントークイベント
というタイトルで実施されました。映像はZoomでの配信を録画したものになります。

書籍の詳細はこちらからご確認ください。

イベント内容

絵本『ぼく』(作・谷川俊太郎 絵・合田里美 岩崎書店)の刊行を記念して、
作者の谷川俊太郎さん、絵を描かれた合田里美さん、編集を担当された筒井大介さんによるオンライントークイベントを開催しました。

死をめぐる絵本のシリーズ「闇は光の母」の中の1作として刊行された本作品において、谷川俊太郎さんは「自死」というテーマに向き合い、試行錯誤を重ね、時に悩み、迷いながら言葉を紡がれました。

「ぼくは しんだ」で始まる、ある少年の独白からなるその文章に絵をつけたのは、イラストレーターの合田里美さん。
初めての絵本にして、とても難しいテーマに向き合うことになりました。

谷川さんの言葉を元にどのようにイメージを広げ、世界を作り、どんな風に「ぼく」を描くのか。

その創作の過程で、谷川さん、合田さん、そして編集担当の筒井さんとの間でどのようなやりとりが交わされたのか。
完成した絵本だけでなく、ラフなど途中経過の素材を公開しつつ、大いにお話いただきます。

商品概要

<視聴方法>動画配信サイトVimeoでのご視聴となります。アプリケーションのダウンロードの必要はございません。
<販売期間>
販売開始:
販売終了:
<視聴期間>

期間中繰り返しご視聴いただけます。

ご覧いただく手順

ご購入完了後、PDFデータ形式の視聴チケットをダウンロードし、視聴チケットに記載されたURLにアクセスしてください。
視聴チケットのダウンロードは以下のいずれかから可能です。

・購入完了画面時に表示された「視聴チケットのダウンロード」ボタンよりダウンロードする場合。
 1. 購入を完了する。
 2. 注文完了ページの「視聴チケットのダウンロード」ボタンをクリック。
 3. 視聴チケットをダウンロード。

・購入完了後送信されるメールからダウンロードする場合。
 1. 購入を完了する。
 2. 「イベント参加方法 注文番号〇〇〇〇」というタイトルのメールが送信されるので、「注文を確認する」ボタンをクリック。
 3. 注文内容頁にある「視聴チケットのダウンロード」ボタンをクリック。
 4. 視聴チケットをダウンロード。

【PDFのダウンロードについて】
iPhoneの場合は「ファイル」アプリ内、androidの場合はブラウザのメニューから「ダウンロード」より閲覧いただけます

ご参加いただいた皆様の声

・本が完成するまでの、著者、編集者の細やかで具体的なやりとりが聞けて、制作者の想いが伝わり、ますます本の内容が深まった。とてもよい講演会でした。ありがとうございました。

・本はきっとずっと読み継がれるでしょうが、作った方々の思いや、作りながら起こった出来事をリアルに聞けるのは今だからできる貴重な体験だと思いました。ありがとうございました。
御三方の会話の中で初めて出てくる話などもあったので、複数の登壇者がいるのっていいなと思いました。

・年代も背景も様々な人達なので、質問への答えにそれぞれの個性があらわれていて面白く見ました。

通常価格 ¥1,650
通常価格 セール価格 ¥1,650
書籍付き 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
詳細を表示する
  • 谷川俊太郎 たにかわ しゅんたろう

    詩人。1931年東京生まれ。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1962年「月火水木金土日の歌」で第四回日本レコード大賞作詩賞、1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1983年『日々の地図』で第三十四回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第一回萩原朔太郎賞など受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表している。

  • 合田里美 ごうだ さとみ

    1984年兵庫県生まれ。MJ イラストレーションズで学ぶ。書籍装画、挿絵、広告などを中心に活動。書籍装画の仕事に『一膳めし屋丸九』シリーズ(中島久枝角川春樹事務所)、『あたしたち、海へ』(井上荒野 新潮社)、『金の角持つ子どもたち』(藤岡陽子 集英社)、児童書の仕事に『その年、わたしは嘘をおぼえた』(ローレン・ウォーク 訳・中井はるの・中井川玲子 さ・え・ら書房)、『12歳で死んだあの子は』(西田俊也 徳間書店)などがある。

  • 筒井大介 つつい だいすけ

    1978年大阪府生まれ。フリーランスの絵本編集者。野分編集室主宰。担当した絵本に『ドクルジン』(ミロコマチコ)、『ぼくはいしころ』(坂本千明)、『ネコヅメのよる 』(町田尚子)、『わたしは しなない おんなのこ』(小林エリカ)、『バスザウルス』(五十嵐大介)、『てがみがきたな きしししし』(網代幸介)など多数。『ブラッキンダー』(スズキコージ)、『オオカミがとぶひ』(ミロコマチコ)がそれぞれ第14回、第18回日本絵本賞大賞を、『こどもたちは まっている』(荒井良二)が第26回日本絵本賞を受賞。『オレときいろ』(ミロコマチコ)が2015年度のブラティスラヴァ世界絵本原画展において「金のりんご賞」を受賞した。編著に『あの日からの或る日の絵とことば 3.11と子どもの本の作家たち』がある。水曜えほん塾、nowaki絵本ワークショップを主宰し、作家の発掘や育成にも力を注いでいる。

問い合わせフォーム