商品情報にスキップ
1 2

3/5 『人類の会話のための哲学』『ハイデガーと現代現象学』刊行記念 「ローティとは何者か」

3/5 『人類の会話のための哲学』『ハイデガーと現代現象学』刊行記念 「ローティとは何者か」

開催日時:2024年3月5日(火)19:30~21:00

登壇者:朱喜哲さん×池田喬さん

販売開始:2024年2月1日 12:00

販売終了:2024年3月13日 12:00

※「会場参加チケット」は2024年3月5日19:00までの販売となります。

アーカイブ配信期間:

2024年3月6日15時00分~2024年3月13日23時59分

アーカイブ配信はイベント開催日の翌日15時からご視聴可能となります。
配信期間の詳細については、ご購入時にダウンロードいただける参加方法が記載されたPDFファイルをご確認下さい。

通常価格 ¥1,650
通常価格 セール価格 ¥1,650
書籍付き 売り切れ
税込み。   配送料はチェックアウト時に計算されます。
・チケット選択

イベント内容

「哲学者・ローティ」と聞いて、どのくらいの人が「ああ、あの人」と思い浮かぶでしょうか。もちろん、哲学をある程度学んだり、読書として親しんでいる人のあいだでマイナーな人物というほどではありませんが、そうした方たちであっても、実際に「ローティがどのような哲学を展開していたか」ということをすぐに思い出せる方は、またさらに少なくなるかもしれません。

ところがトランプ現象を予言したとして、2016年にアメリカを中心に再び注目が集まりました。しかしそれも端的な彼の思想から生まれた思考のひとつにすぎず、その背景として彼がどのような思想をもち、その意義がどこにあるか、ということまではあまり顧みられることはありませんでした。

今年、ふたたびアメリカ大統領選挙もあり、また世界で紛争も絶えない中で、ローティの「プラグマティックな哲学=現実に即した哲学」はますます重要度を増しています。

そうしたローティの哲学について精緻に解きほぐし、かつ「いまなぜ必要か」をあらわす『人類の会話のための哲学』を朱喜哲さんが上梓されました。

ゲストには『ハイデガーと現代現象学』を同時期に刊行される池田喬さんをお迎えします。現象学の観点から分析哲学的なトピックに取り組む「現代現象学」を用いてハイデガーの『存在と時間』を読み解く本書は、「この世にもまだ新しい何かがある」という感覚のために余地をあけておく啓発的哲学者としてハイデガーを挙げるローティ『哲学と自然の鏡』からの引用で締め括られています。

実はローティは、ハイデガーのアメリカにおける紹介者のひとりで大きな影響を受けています(第二論文集の表題が『ハイデガー、その他についてのエッセイ』と題打たれているくらいです)。

「ローティとは何者か」。ローティの思想を知り、またその哲学がどのように哲学の巨人・ハイデガーと接続し、哲学に新たな問いを立てられるか、またハイデガーのアクチュアルさを知るスリリングな最先端の哲学に触れてみませんか。

チケットのダウンロード方法

 ご購入が完了しましたら、参加方法が記載されたPDFファイルをダウンロードの上、イベント当日(またはアーカイブ配信終了まで)保管してください。

ダウンロードは以下のいずれかから可能です。

①購入完了画面に表示された「イベント参加・視聴チケットのダウンロード」ボタンよりダウンロード
②購入完了後送信される「イベント参加・視聴方法 注文番号:#○○○○○(5ケタの番号)」メールからダウンロード
③マイページからダウンロード

詳しいダウンロード手順はこちら

当日の配信について

ZOOMでの配信となります。
イベントによっては、ZOOM画面下のチャットやQ&Aをご利用いただけます。
登壇者にお聞きしたいことなど、ぜひご利用ください。
配信日時になりましたら、ダウンロードいただいたチケットPDF内に記載の<リアルタイム配信>の項目から、配信用URLをクリックしてご視聴ください。

ZOOMの利用方法については、こちらもご参照ください。

アーカイブ配信について

当日ご参加いただけない場合でも、アーカイブ配信をご用意しております。
イベント終了日の翌日15時よりご視聴いただけます。
アーカイブ期間については本ページ上段に記載の「アーカイブ配信期間」をご参照ください。

視聴方法ついての詳細はダウンロードいただいたチケットPDF内<アーカイブ配信>の項目に記載しておりますので、そちらをご確認ください。

チケットについて

オンライン視聴チケット

ご購入後、アカウント登録いただいたメールアドレスに「参加方法」メールが届きます。
記載内容に沿ってチケットPDFをダウンロードください。
ダウンロード方法の詳細は、本ページ上段「チケットのダウンロード方法」をご確認ください。

ジュンク堂書店池袋本店会場参加チケット

ジュンク堂書店池袋本店4階MJカフェ(※30分前開場)でイベントをご観覧いただけます。
ご購入いただくと、イベント参加方法に関する情報がダウンロードできます。
イベント終了後、アーカイブ配信にてイベントをご覧いただけます。
詳細はダウンロードしたチケットPDFをご参照ください。

※会場の座席数に限りがあるため、数量限定、先着順での販売となります。予めご了承ください。

※イベント対象書籍はイベント当日に会場でも販売いたします。
ご来店に合わせて書籍のご購入をされる場合は、会場参加チケットをご購入の上、イベント当日に店頭にて別途、書籍をお買い上げください。

会場:
ジュンク堂書店池袋本店4階MJカフェ(※30分前開場)

住所:
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目15−5

書籍付きオンライン視聴チケット

『人類の会話のための哲学 ローティと21世紀のプラグマティズム』(よはく舎 )を、ご登録いただいた配送先住所へ郵送にてお届けいたします。
オンライン視聴チケットは別途、本ページ上段「チケットのダウンロード方法」をご参照の上、チケットをダウンロードください。

発送日:より順次。
発送からお手元に届くまで一週間程度かかります。

送料:370円

 

詳細を表示する
  • 朱 喜哲(ちゅ・ひちょる)

    1985年大阪生まれ。専門はプラグマティズム言語哲学とその思想史。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。大阪大学社会技術共創研究センター招へい教員ほか。
    著書に『〈公正(フェアネス)〉を乗りこなす』『バザールとクラブ』、共著に『ネガティヴ・ケイパビリティで生きる』『世界最先端の研究が教える すごい哲学』『在野研究ビギナーズ』『信頼を考える』など。共訳に『プラグマティズムはどこから来て、どこへ行くのか』など。

  • 池田喬(いけだ・たかし)

    1977年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士(文学)。専門は、ハイデガーを中心とする現象学、現代倫理学(特に差別論)。明治大学文学部教授。 単著に『ハイデガー『存在と時間』を解き明かす』(NHK出版)、共著に『差別の哲学入門』(アルパカ)など。2024年2月に『ハイデガーと現代現象学』(勁草書房)(詳細:https://honto.jp/netstore/pd-book_33092622.html)を刊行。

  • 人類の会話のための哲学 ローティと21世紀のプラグマティズム/朱 喜哲

    出版社:よはく舎
    ISBN:9784910327143

    税込:¥4,180