商品情報にスキップ
1 2

2024年3月10日 12:00まで販売中!

3/2 『ひとが詩人になるとき』刊行記念対談「ひとはなぜ、詩を書くのか」

3/2 『ひとが詩人になるとき』刊行記念対談「ひとはなぜ、詩を書くのか」

本商品は、2024年3月2日(土)19:00~20:30に実施したイベントの販売となります。

登壇者:平川 克美さん×高橋源一郎さん

販売開始:2024年1月24日 12:00

販売終了:2024年3月10日 12:00

※「会場参加チケット」は2024年3月2日18:30までの販売となります。

アーカイブ配信期間:

2024年3月3日15時00分~2024年3月10日23時59分

※アーカイブ配信はイベント開催日の翌日15時からご視聴可能となります。配信期間の詳細については、ご購入時にダウンロードいただける参加方法が記載されたPDFファイルをご確認下さい。

通常価格 ¥1,650
通常価格 セール価格 ¥1,650
書籍付き 売り切れ
税込み。   配送料はチェックアウト時に計算されます。
・チケット選択

イベント内容

このたび、平川克美さんの最新刊『ひとが詩人になるとき』が刊行されました。学生運動時代の空気を浴び、その後はシリコンバレーのBusiness Cafe Inc.の設立に参加するなど実業家として活躍してきた平川さん。この本は、詩人に憧れながらビジネス界で半生を歩んできた著者が、衝撃を受けた現代詩と詩人について、自らの人生も織り交ぜ紹介する"極私的詩人論"です。
トークイベントでは、本書に登場する20名近くの詩人の中から、学生運動の時代に一世を風靡した堀川正美(1931-)の詩を入り口にお話いただきます。平川さんは、大学生の時に堀川の詩を読み「これは、俺が求めていた詩だ」と思ったそうです。ゲストに、現代文学を代表する小説家の高橋源一郎さんを迎え、作り手・読み手双方の視点から、詩の魅力について語り合います。昭和の空気を吸ったことがある人もない人も、この対談から当時の焦げつくような匂いを感じていただければと思います!

チケットのダウンロード方法

<チケットのダウンロード>

ご購入が完了しましたら、下記手順に沿ってチケットをダウンロードの上、イベント当日(またはアーカイブ配信終了まで)保管してください。
チケットのダウンロードは以下のいずれかから可能です。

①購入完了画面時に表示された「イベント参加・視聴チケットのダウンロード」ボタンよりダウンロードする場合

 1.購入完了後に表示される「注文完了ページ」の「イベント参加・視聴チケットのダウンロード」ボタンをクリック
 2. チケットをダウンロード

②購入完了後送信されるメールからダウンロードする場合

 1. 購入完了後にご登録いただいたメールアドレスに「イベント参加・視聴方法 注文番号〇〇〇〇」というタイトルのメールが送信されるので、「注文を確認する」ボタンをクリック
 2. 注文内容ページにある「イベント参加・視聴チケットのダウンロード」ボタンをクリック
 3. チケットをダウンロード

③マイページからダウンロード

 1. 購入完了後にマイページにログイン
  ログインはコチラ
 2. マイページ内「購入チケットのダウンロード」ボタンをクリック
 3. ご購入いただいたイベントを選択
 4. チケットをダウンロード
iPhoneの場合は「ファイル」アプリ内、androidの場合はブラウザのメニューから「ダウンロード」より閲覧いただけます。

 

アーカイブ配信について

当日ご参加いただけない場合でも、アーカイブ配信をご用意しております。
イベント終了日の翌日15時よりご視聴いただけます。
アーカイブ期間については本ページ上段に記載の「アーカイブ配信期間」をご参照ください。

視聴方法ついての詳細はダウンロードいただいたチケットPDF内<アーカイブ配信>の項目に記載しておりますので、そちらをご確認ください。

チケットについて

オンライン視聴チケット

ご購入後、アカウント登録いただいたメールアドレスに「参加方法」メールが届きます。
記載内容に沿ってチケットPDFをダウンロードください。
ダウンロード方法の詳細は、本ページ上段「チケットのダウンロード方法」をご確認ください。

書籍付きオンライン視聴チケット

『ひとが詩人になるとき』(ミツイパブリッシング)を、ご登録いただいた配送先住所へ郵送にてお届けいたします。
オンライン視聴チケットは別途、本ページ上段「チケットのダウンロード方法」をご参照の上、チケットをダウンロードください。

発送日:より順次。
発送からお手元に届くまで一週間程度かかります。

送料:370円

 

詳細を表示する
  • 平川 克美(ヒラカワ カツミ)

    1950年、東京・蒲田生まれ。文筆家、「隣町珈琲」店主。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、翻訳会社を設立、99年にはシリコンバレーのBusiness Cafe Inc.の設立に参加。著書に『小商いのすすめ』『共有地をつくる』(ミシマ社)、『移行期的混乱』(ちくま文庫)、『俺に似たひと』(朝日文庫)、『言葉が鍛えられる場所』『見えないものとの対話』(大和書房)、『株式会社の世界史』(東洋経済新報社)他多数。

  • 高橋源一郎(タカハシ ゲンイチロウ)

    1951年、広島県生まれ。81年、『さようなら、ギャングたち』で第4回群像新人長編小説賞優秀作を受賞しデビュー。88年、『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞、02年、『日本文学盛衰史』で第13回伊藤整文学賞を受賞。著書に『一億三千万人のための小説教室』『ニッポンの小説―百年の孤独』『一億三千万人のための『歎異抄』』他多数。近刊に6年ぷりの長編『DJヒロヒト』。

  • ひとが詩人になるとき/平川 克美

    出版社:ミツイパブリッシング
    ISBN:9784907364335

    税込:¥2090