【ご好評につき再販売!!】『激動 日本左翼史』刊行記念 池上彰・佐藤優 オンライン対談!

通常価格 ¥1,100

税込 

※ご好評につき再販売!
 2022年2月14日に実施されました
 『『激動 日本左翼史』刊行記念 池上彰・佐藤優 オンライン対談! 
 のイベント動画の販売ページです。
 本動画の映像はzoomでの配信を録画したものになります。
 
ご好評につき、再配信させていただくこととなりました。
 書籍のご購入はこちらからご購入いただけます!

<視聴方法>
動画配信サイトVimeoでのご視聴となります。
アプリケーションのダウンロードの必要はございません。

<販売期間>
販売開始:2022年4月8日(金)10:00
販売終了:2022年6月8日(水)23:59

<視聴期間>
2022年6月15日(水)23:59
期間中繰り返しご視聴いただけます。

<イベント内容>
12月15日(水)に、累計7万部「日本左翼史」シリーズ第2弾『激動 日本左翼史 学生運動と過激派1960-1972』が刊行されました。前作『真説 日本左翼史 戦後左派の源流1945-1960』で敗戦後の日本政治を社会党・共産党の「左派の系譜」から語り尽くしましたが、いよいよ本作では「左翼史の真骨頂」とも言える60年代、学生運動の時代を取り上げます。急速に盛り上がった左翼運動は、なぜ過激化して凋落の一途を辿ったのか?「左翼」を再考することで見えてくる歴史の教訓とは? 自分の命を投げ出しても構わない、他人を殺すことも躊躇しない「思想の力」を学ぶことの意義を力強く語る佐藤優氏と、まさに学生運動が盛り上がる頃に大学生活を送り、記者として凄惨な内ゲバの現場を目撃してきた池上彰氏。二人の「知の巨人」が、日本現代史の光と影を縦横無尽に論じます。


<ご参加いただいた皆様の声>

・お話の内容自体非常に深かったですが、なにより自分事として捉えやすくなるよう、様々な視点から物事を見たり話題を提起されたりという話の組み立て方も、仕事をする上での参考になりました。 充実の1時間半でした。貴重な機会をいただきありがとうございました。

・著書で扱う内容が中心というわけでなく、よい意味で多方面に広がりがあり、高付加価値でした。100分くらいでしたでしょうか、あっという間でした。

・鋭いお二人ですが、とくに佐藤優さんのお話を初めておききして、広く深い知識とあたたかいお人柄に感銘を受けました。

<ご覧いただく手順>
ご購入完了後、PDFデータ形式の視聴チケットをダウンロードし、視聴チケットに記載されたURLにアクセスしてください。
視聴チケットのダウンロードは以下のいずれかから可能です。

・購入完了画面時に表示された「視聴チケットのダウンロード」ボタンよりダウンロードする場合。
 1. 購入を完了する。
 2. 注文完了ページの「視聴チケットのダウンロード」ボタンをクリック。
 3. 視聴チケットをダウンロード。

・購入完了後送信されるメールからダウンロードする場合。
 1. 購入を完了する。
 2. 「イベント参加方法 注文番号〇〇〇〇」というタイトルのメールが送信されるので、「注文を確認する」ボタンをクリック。
 3. 注文内容頁にある「視聴チケットのダウンロード」ボタンをクリック。
 4. 視聴チケットをダウンロード。

【PDFのダウンロードについて】
iPhoneの場合は「ファイル」アプリ内、androidの場合はブラウザのメニューから「ダウンロード」より閲覧いただけます


<登壇者紹介> 

池上 彰(いけがみ・あきら)
一九五〇年、長野県松本市生まれ。ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業後、一九七三年にNHK入局。報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当する。一九八九年、記者キャスターに起用され、一九九四年からは一一年にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。二〇〇五年よりフリーになり、執筆活動を続けながら、テレビ番組などでニュースをわかりやすく解説し、幅広い人気を得ている。また、九つの大学で教鞭をとる。著書に『相手に「伝わる」話し方』『わかりやすく〈伝える〉技術』(ともに講談社現代新書)、『伝える仕事』(講談社)、『なぜ、読解力が必要なのか?』(講談社+α新書)、『おとなの教養』(NHK出版新書)ほか著書多数。


佐藤 優(さとう・まさる)
一九六〇年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。一九八五年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務などを経て、本省国際情報局分析第一課に配属。主任分析官として対ロシア外交の分野で活躍した。二〇〇五年に著した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』で鮮烈なデビューを飾り、翌二〇〇六年の『自壊する帝国』で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞。二〇二〇年、菊池寛賞を受賞。『牙を研げ―会社を生き抜くための教養』『佐藤優の挑戦状』(ともに講談社現代新書)、『人生のサバイバル力』(講談社)、『獄中記』(岩波現代文庫)、『私のマルクス』(文春文庫)、『十五の夏』(幻冬舎文庫)、『池田大作研究』(朝日新聞出版)ほか著書多数。

<問合せ>

ご不明点などございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

問合せフォーム

<書籍付き商品について>
書籍の配送方法、送料などについては、配送ポリシーのページをご覧ください。
なお、当サイトでの書籍購入はブックカバーサービスの対象外となります。

<視聴方法>
ご参加いただくためには、ZOOMを視聴できる環境が必要です。
お手数ですが下記URLより、PC/スマホでアプリを入手お願いいたします。
https://zoom.us/

すでにご利用の方も、スムーズにご視聴いただくために、最新バージョンをインストールしていただくことをお勧めいたします。

アップデート方法の詳細
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362233

ご購入いただくと、視聴URL等を記載したPDFファイルをダウンロードいただくことができますので、そちらをご確認の上ご参加ください。

<注意事項>
以下、ご理解いただいたうえでご購入ください。
・URLの他の方への共有、公開は厳禁となっております。

・ご入金後の返品、返金、交換は致しかねます。
・当サイトはhontoポイント、並びにその他hontoサービスの対象外です。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になる可能性があること、また、それを原因とした映像等の不具合が発生した場合も、返金等にはご対応いたしかねます。
・今後の品質向上の為、イベントの様子を撮影、保存させて頂きます。
・保存した写真や動画を、報道、広告宣伝、プロモーション等、広報の目的で使用させていただく場合があります。
・取材対応などあった場合に、ユーザー名などが使用される場合がございますので、ご了承下さい。

・台風など自然災害や、緊急事態宣言などにより、開催を中止にする場合があります。

<お問い合わせ>
メールフォームよりお問い合わせください。
※主催が弊社でないイベントについては商品説明ページに連絡先を記載いたしますので、そちらにお問い合わせください。