気象状況、オリンピック・パラリンピックの影響で、一部地域に配達の遅延が見込まれます。詳細はこちらをクリックしてご確認ください。



【3/2オンラインイベント】死者の力――震災の経験から

通常価格 ¥1,000

税込 

<開催日時>
2021年3月2
日(火)
19:30~21:00
※イベント終了後1週間のアーカイブ配信があります。

<販売期間>
販売開始:2021年2月2日(火)10:00
販売終了:2021年3月2日(火)18:30


<開催方法>
ZOOMによる配信となります。
視聴者の方の顔や音声は入りません。
ご購入いただくと、配信URLの記載されたPDFファイル(URL_20210302.pdf)をダウンロードしていただくことができます。
また、当日ご覧になられない場合、一週間のアーカイブ視聴を用意しておりますので、そちらもご利用ください。

<イベント内容>
東日本大震災から10年。津波によって多くの尊い命が失われた。また、大切な人を亡くした人々も数多くいる。宗教学者や死生学者は、この出来事をどのように見てきたのだろう。  阪神淡路大震災と違う点がある。それは、死者が生者に対して何らかの存在感を示す体験の多さである。「霊」の存在を示唆するこうした事例は、メディアで扱いにくいという問題がある。しかし、何冊かの本が出版され、ドキュメンタリー番組も話題を呼んだ。  読者や視聴者も興味本位ではなく、大事な人を突然亡くしたのであれば経験しても不思議ではない普遍的な現象として受け止めている。高齢化と大量死の時代を迎えて、死者の存在感を意識する社会が到来しつつあるようだ。 トークの語り手である高橋原と堀江宗正は、宗教学者、死生学者として、この現象を研究してきた。被災者の霊的体験はどのようなものだったのか。宗教者はどのように応答してきたのか。こうした調査を踏まえて、浮かび上がったキーワードが「死者の力」である。「死者の力」を認めることは、死者と残されたわれわれを生かす道につながるのではないだろうか。  二人は研究成果をこの夏に向けて出版することを目指している。トークでは、震災後10年という節目を迎えた今、彼らがどのような考察をめぐらせているのかを聞くことができるだろう。

<登壇者紹介>

高橋原(たかはしはら) 東北大学大学院文学研究科教授(死生学・実践宗教学専攻分野/実践宗教学寄附講座)。1969年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。(財)国際宗教研究所研究員、東京大学宗教学研究室助教を経て、2012年に東北大学に赴任、臨床宗教師養成に取り組んできた。


堀江宗正(ほりえのりちか) 東京大学大学院人文社会研究科教授。1969年生まれ。2008年に東京大学大学院人文社会系研究科で博士(文学)取得。2013年に同研究科准教授、2020年より現職。


<書籍付き商品について>
書籍の配送方法、送料などについては、配送ポリシーのページをご覧ください。
なお、当サイトでの書籍購入はブックカバーサービスの対象外となります。

<視聴方法>
ご参加いただくためには、ZOOMを視聴できる環境が必要です。
お手数ですが下記URLより、PC/スマホでアプリを入手お願いいたします。
https://zoom.us/

すでにご利用の方も、スムーズにご視聴いただくために、最新バージョンをインストールしていただくことをお勧めいたします。

アップデート方法の詳細
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362233

ご購入いただくと、視聴URL等を記載したPDFファイルをダウンロードいただくことができますので、そちらをご確認の上ご参加ください。

<注意事項>
以下、ご理解いただいたうえでご購入ください。
・URLの他の方への共有、公開は厳禁となっております。

・ご入金後の返品、返金、交換は致しかねます。
・当サイトはhontoポイント、並びにその他hontoサービスの対象外です。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になる可能性があること、また、それを原因とした映像等の不具合が発生した場合も、返金等にはご対応いたしかねます。
・今後の品質向上の為、イベントの様子を撮影、保存させて頂きます。
・保存した写真や動画を、報道、広告宣伝、プロモーション等、広報の目的で使用させていただく場合があります。
・取材対応などあった場合に、ユーザー名などが使用される場合がございますので、ご了承下さい。

・台風など自然災害や、緊急事態宣言などにより、開催を中止にする場合があります。

<お問い合わせ>
メールフォームよりお問い合わせください。
※主催が弊社でないイベントについては商品説明ページに連絡先を記載いたしますので、そちらにお問い合わせください。