丸善ジュンク堂書店の店頭から大災害を語り継ぐ 

ー真山仁先生と「“阪神”と“東日本”を語り継ぐ」ZOOMイベントー

<イベント内容>
神戸の中心街、三宮・元町にあった書店で、いまも現地で営業しているのはジュンク堂書店だけになりました。27年前、私たち書店員も多くが被災しました。25年の節目が過ぎ、震災を知らない若い仲間も増えました。いま私たちが向き合うのは「伝えていくこと」だと考えています。この企画の一環として、「スマホで見る阪神淡路大震災」を書いた木戸崇之さんを聞き手に、震災三部作をお書きになった真山仁先生と、阪神淡路大震災から27年、東日本大震災から11年経った私たちは何を語り継ぎ、どのように未来に活かしていけばいいのか、考えます。

真山仁さんのコメント

「まもなく阪神淡路大震災から27年、東日本大震災から11年を迎えます。震災で多くのものを失いました。だからこそ、失ってはいけないことに気づき、震災の教訓を目下。それを私たちは、どう生かすべきなのか。コロナ禍の二年間で、それは生かされたか。そんなことを一緒に考えてきたいと思います」

<イベント関連書籍>
・真山仁震災三部作(祥伝社)
『海は見えるか』
書籍の詳細・購入はこちら
『そして、星の輝く夜がくる』
書籍の詳細・購入はこちら
『それでも、陽は昇る』
書籍の詳細・購入はこちら

・木戸崇之,朝日放送テレビ株式会社(著)/西日本出版社
『スマホで見る阪神淡路大震災』
書籍の詳細・購入はこちら

<開催日時>
2022年2月26日(土)
14:00~15:30    
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<当日の配信方法>

zoomでの配信となります。
インストールされているアプリケーションが最新でない場合、アップデートを求められるケースがあるので、事前に最新版にアップデートしておくことをお勧めいたします。
アップデート方法の詳細はこちらでご確認ください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362233

当日(2/26)はイベント開始10分前から入室できます。
以下よりアクセスください。

【イベント(zoom)への参加】


また、Youtubeでも同時に配信いたしますので、zoomでの視聴が難しい場合はこちらもご利用いただけます。 
ただしチャットによる質問対応などは zoomに限らせていただきますので、ご了承ください。 

<アーカイブ配信(youtube)について>
ライブ配信終了後、アーカイブでの視聴が可能です。
以下よりご覧いただけます。
※イベントの都合により予告なく公開を終了させていただく場合もございます。
  予めご了承ください。



<注意事項>
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になる可能性があります。予めご了承ください。
・今後の品質向上の為、イベントの様子を撮影、保存させて頂きますことをご了承ください。また、保存した写真や動画を、報道、広告宣伝、プロモーション等、広報の目的で使用させていただく場合がありま す。 
・台風など自然災害や、緊急事態宣言などにより、開催を中止にする場合があります。ご了承ください。
・配信中のトラブルなどの問い合わせは当サイトのお問い合わせフォームよりお問合せください。
 

<登壇者紹介> 

真山仁(まやま・じん)
1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒。新聞記者、フリーライターを経て、2004年、企業買収の壮絶な舞台裏を描いた「ハゲタカ」でデビュー。以後話題作を発表し続けている。「震災三部作」教師を主人公に「阪神・淡路」と「東日本」の二つの震災・被災地をつなぐ三部作「そして、星の輝く夜が来る」(2014年)「海は見えるか」(2016年)「それでも、陽は昇る」(2021年)を上梓。


木戸崇之(きど・たかゆき) 
プロフィール1972年京都市生まれ。1995年に朝日放送に入社後、報道記者としてさまざまな災害現場を取材する。現在、朝の情報番組「おはよう朝日です」で気象情報デスクなどを務める他、「人と防災未来センター」のリサーチフェローとしても活動する。