気象状況、オリンピック・パラリンピックの影響で、一部地域に配達の遅延が見込まれます。詳細はこちらをクリックしてご確認ください。



全4回 三宅香帆のバズる文章教室

書評家、文筆家として活躍されている三宅香帆さんが、自著である『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(サンクチュアリ出版)を基にし、最新版の『バズる文章教室』をオンラインで行っていただきます。
教室は全四回で、それぞれ文章を書くのに重要な要素をテーマを設定しています。
気になるテーマだけでもご参加いただくこともできますし、全四回まとめて、少しお特にご参加いただけるセットもご用意させていただきました。
各回、書籍付き参加券もございますので、これを機に合わせてご購入いただけるとさらにお特に。
全4回セット
一回分が無料になるお得なセット
 
第一回「バズるつかみ」
ブログでもレビューでも本でも、どんな文章でも一番大切な「書き出し」のコツを教えます。

第二回「バズる文体」
自分の文章を読みやすく、伝わりやすくするために何が足りないのか? 自分に合った「文体」の見つけ方を教えます。

第三回「バズる組み立て」
文章を並べ替えるだけで読みやすくなる? 「構成」の面白さを教えます。

第四回「バズる言葉選び」
言葉選びが上手な文章はバズる。あなたにぴったりの「言葉選び」のコツを教えます。

それぞれ詳細は各回ページでご確認ください。
三宅香帆
書評家、文筆家。1994年生まれ。高知県出身。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。天狼院書店(京都天狼院)元店長。著書に『人生を狂わす名著50』(ライツ社)、『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(サンクチュアリ出版)、『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』(幻冬舎)、『妄想とツッコミで読む万葉集』(大和書房)、『(読んだふりしたけど)ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法』(笠間書院)がある。