4/20 斉藤徹さん✕佐藤尚之さん

『だから僕たちは、組織を変えていける』刊行記念 オンライン対談
~なぜいま、組織に「人間性」が必要なのか~


<イベント内容>
いい組織といい事業は切り離せない。顧客に愛を届けられるのは「顧客に愛を届けたい」と願うチームがあってこそ。いま、組織には大きな変革が求められています。コロナウイルスの流行によって人々に「主体性」が芽生え、組織は社員個人の幸せや自律性を尊重した対応をとる必要が出てきました。また、口コミが重要な現代では、ファンになってもらうためのユーザーコミュニケーションや、炎上を回避するための柔軟なトラブル対応などが求められています。このどちらにおいても必要となるのが、人間的な対応、つまり「人間性」です。「人間性のある組織とはどのようなものか?」「なぜいまの組織には人間性がないのか?」「組織はどうすれば人間性を得られるのか?」 組織マネジメントのプロである斉藤徹さんと、ユーザーコミュニケーションのプロである佐藤尚之さんに、社員も顧客もファンになる「人間性のある組織」について、お話しいただきます。「ファンに愛される、やる気に満ちたチームづくり」をテーマに、ウチとソト、組織とマーケティング、それぞれの視点からテーマの核心に鋭く深く迫ります。

<開催日時>
2022年4月20日(水)19:00~20:30    
※イベント開始の10分前より入室可能です。   
※イベント終了後1週間アーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始
2022年3月19日(土)0:00    
販売終了
○視聴チケット 
2022年4月20日(水)18:00
○書籍付き視聴チケット 2022年4月19日(火)23:59  

<登壇者紹介>
斉藤徹(さいとう・とおる)
起業家。経営学者。ビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授。株式会社hint代表。株式会社ループス・コミュニケーションズ代表。1985年、日本IBM入社。1991年に独立しフレックスファームを創業。2005年にループス・コミュニケーションズを創業。ソーシャルシフト提唱者として、知識社会における組織改革を企業に提言する。2016年から学習院大学経済学部経営学科の特別客員教授に就任。起業家、経営者、教育者、研究者という多様な経歴を活かして、2020年からはビジネス・ブレークスルー大学教授として教鞭をふるう。2018年に開講した社会人向けオンラインスクール「hintゼミ」には、大手企業社員から経営者、個人にいたるまで、多様な受講者が在籍し、期を増すごとに同志の輪が広がっている。企業向けの講演実績は数百社におよび、組織論、起業論に関する著書も多い。『業界破壊企業』(光文社)、『再起動(リブート)』(ダイヤモンド社)、『BEソーシャル! 』『ソーシャルシフト』(ともに日本経済新聞出版社) など。



佐藤尚之(さとう・なおゆき)
コミュニケーション・ディレクター。(株)ファンベースカンパニー取締役会長。(株)ツナグ代表。大阪芸術大学客員教授。一般社団法人助けあいジャパン代表理事。一般社団法人アニサキスアレルギー協会代表理事。花火師。1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・ディレクターとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。2011年に独立し(株)ツナグ設立、2019年(株)ファンベースカンパニーを設立。最新刊は『ファンベースなひとたち』(津田匡保と共著/日経BP社)。他に『ファンベース』(ちくま新書)、『明日の広告』(アスキー新書)など。“さとなお”の名前で『うまひゃひゃさぬきうどん』(光文社文庫)、『沖縄やぎ地獄』(角川文庫)、『沖縄上手な旅ごはん』(文藝春秋)、『極楽おいしい二泊三日』(文藝春秋)などがある。

<チケット案内>
【視聴チケット】
オンラインセミナーの視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き視聴チケット】
オンラインセミナーの視聴+斎藤徹さん著『だから僕たちは、組織を変えていける』(クロスメディア・パブリッシング)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓