11/5 ロバート・フェルドマン氏×加藤晃氏

『盾と矛』刊行記念オンライン対談


<イベント内容>
2030年には日本だけでも約1600万人もが今の職業を失う一方、環境の変化に対応できた1000万人は新しく生まれた職業に就くニーズがあるといわれています。加速するDX社会にどれだけ適応できるのかが、生き残りには欠かせません。 過去に学んできたことの賞味期限がどんどん短くなる中、生き残りのために欠かせない「学び直し」について、具体的な方法とともに語り合います。ビジネスパーソン必聴! 「DX、AI、SDGs、MOT」があなたの武器に変わる、充実の内容です。
◆徹底解説 2030年までになくなる仕事とは?
◆AIやDXを自分の言葉で語れますか?
◆雇用を破壊するイノベーション・生み出すイノベーション
◆35歳以下のメンターを探せ
◆平時のマネジメント・有事のマネジメント

<開催日時>
2021年11月5日(金)
19:00~20:30    
※イベント開始の10分前より入室可能です。   
※イベント終了後1週間アーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始
2021年10月15日(金)0:00    
販売終了
【視聴チケット】
2021年11月5日(金)18:00
【書籍付き視聴チケット】
2021年11月4日(木)23:59  

<登壇者紹介>
ロバート・フェルドマン
モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社シニア アドバイザー
1970年、米国からAFS交換留学生として初来日、1年間名古屋で過ごした後、イエール大学で経済学/日本研究の学士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。1983~89年、国際通貨基金(IMF)でエコノミスト、1990~97年、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社で首席エコノミストを務める。1998年、モルガン・スタンレー証券株式会社(現:モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社)に入社、チーフエコノミストとして2017年まで勤め、その後シニアアドバイザー。2000~20年、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系列)にコメンテーターとして出演。書籍出版、雑誌寄稿、講演などの対外活動にも積極的。2017年より東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻(MOT)にて教授を兼業。

加藤晃
東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻(MOT)教授。
防衛大学校(国際関係論)卒業、青山学院大学で博士(経営管理)を取得。貿易商社、AIU保険会社、愛知産業大学を経て、2020年より現職。経済産業省ISO/TC322国内委員・日本代表エキスパート、ISO/TC207環境ファイナンス関連規格検討委員会委員、日本証券アナリスト協会サステナビリティ報告研究会委員。単著に『CFO視点で考えるリスクファイナンス』(保険毎日新聞社)、共著に『サステナブル経営と資本市場』(日本経済新聞出版社)、『ガバナンス革命の新たなロードマップ』(東洋経済新報社)、監訳書に『サステナブルファイナンス原論』(金融財政事情研究会)、『社会を変えるインパクト投資』(同文舘出版)。

 

<チケット案内>
【視聴チケット】
オンラインセミナーの視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き視聴チケット】
オンラインセミナーの視聴+『盾と矛』(幻冬舎)を1冊お届けいたします。

↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓