10/5 冨山和彦先生✕木村尚敬先生

出版記念特別オンライン対談
「企業変革に不可欠なリーダーシップとは」


<イベント内容>
あらゆる企業が大きな変革(コーポレートトランスフォーメーション)を迫られる時代。そのカギを握るのはリーダーに他ならない。では、変革に必要となる新しいリーダーシップの形とはどんなものか。『DXのリアル・ノウハウ』でデジタルを用いた企業変革の必要性を説いた冨山先生と、『修羅場のケーススタディ』でこれからのリーダーシップのあり方をケースを通じて説いた木村先生が、「コーポレートトランスフォーメーション」と「リーダーシップ」について縦横に語る!

<主な対談テーマ>
・あらゆる企業が「変革」しないと生き残れない理由
・今後、求められるリーダー像。不要になるリーダー像。
・冨山氏、木村氏それぞれの「修羅場」体験
・「修羅場」を乗り越えるために必要なこととは?
・今後「DX」はどう進んでいく?ほか

<開催日時>
2021年10月5日(火)
19:00~20:30    
※イベント開始の10分前より入室可能です。   
※イベント終了後1週間アーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始
2021年9月2日(木)0:00    
販売終了
【視聴のみ】
2021年10月5日(火)18:00
【書籍付き】
2021年10月4日(月)23:59  

<登壇者紹介>
冨山和彦(とやま・かずひこ)
経営共創基盤(IGPI)グループ会長。
1960年生まれ。東京大学法学部卒。在学中に司法試験合格。スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役を経て、産業再生機構COOに就任。カネボウなどを再建。解散後の2007年、IGPIを設立し代表取締役CEOに就任。数多くの企業の経営改革や成長支援に携わる。2020年10月より現職。同年12月、地方創生を目的とした投資・事業経営会社「日本共創プラットフォーム」(JPiX)設立を発表、代表取締役社長に就任。パナソニック社外取締役。
『コロナショック・サバイバル』『コーポレート・トランスフォーメーション』(以上、文藝春秋)、『リーダーの「挫折力」』『IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ』(PHP研究所)など著書多数。


木村尚敬(きむら・なおのり)
㈱経営共創基盤(IGPI) 共同経営者(パートナー)マネージングディレクター。
慶應義塾大学経済学部卒、レスター大学修士(MBA)、ランカスター大学修士(MS in Finance)、ハーバードビジネススクール(AMP)。ベンチャー企業経営の後、日本NCR、タワーズペリン、ADLにおいて事業戦略策定や経営管理体制の構築等の案件に従事。IGPI参画後は、製造業を中心に全社経営改革(事業再編・中長期戦略・管理体制整備・財務戦略等)や事業強化(成長戦略・新規事業開発・M&A等)など、様々なステージにおける戦略策定と実行支援を推進。IGPI上海董事長兼総経理、モルテン社外取締役Japan Times ESG推進コンソーシアム アドバイザリーボード 主な著書に『ダークサイド・スキル』(日本経済新聞出版)、近著に『修羅場のケーススタディ』(PHPビジネス新書)、『管理職失格』(柳川範之氏との共著、日本経済新聞出版)などがある。
 

<チケット案内>
【視聴チケット】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【DXのリアル・ノウハウ付き視聴チケット】
オンラインセミナーの視聴+冨山和彦先生著『DXのリアル・ノウハウ』(PHP研究所)を1冊お届けいたします。

【修羅場のケーススタディ付き視聴チケット】
オンラインセミナーの視聴+木村尚敬著『修羅場のケーススタディ』(PHP研究所)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓