3/27 前田勇樹×秋山道宏×古波藏契

【沖縄の復帰50年 いま考えたい沖縄】 ボーダーインク刊 『つながる沖縄近現代史』編著者トークイベント


<イベント内容>
気鋭の若手研究者たちが、まったく新しい視点で沖縄の歴史をつなぐ待望の「入門書」が登場!復帰50年を迎える今だからこそ知りたい沖縄近現代の歴史!本書に執筆した研究者たちが登壇!沖縄近現代史を語りなおす。

<開催日時>
2022年3月27日(日)
19:00~20:30   
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2022年2月27日(日)10:00
   
販売終了 視聴のみ 2022年3月27日(日)18:00
     書籍付き 2022年3月27日(日)18:00

<登壇者紹介> 

前田勇樹 1990年福岡県生まれ 琉球大学附属図書館一般職員、沖縄県立芸術大学芸術文化研究所共同研究員、専門は琉球沖縄史。主著に『沖縄初期県政の政治と社会』(榕樹書林、2021年)がある。
秋山道宏 1983年沖縄県南風原町生まれ、沖縄国際大学総合文化学部准教授、専門は社会学、沖縄戦後史、平和研究、主著に『基地社会・沖縄と「島ぐるみ」の運動』(八朔社、2019年)などがある。                                                    古波藏契 1990年沖縄県生まれ 名桜大学ほか非常勤講師、専門は歴史社会学(沖縄近現代史)。主著に「基地社会の形成と変容―沖縄占領体制とその遺産」『シリーズ 戦争と社会 第3巻 総力戦・帝国崩壊・占領』(岩波書店、2022年刊行予定)などがある。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+『つながる沖縄近現代史』(ボーダーインク)を1冊お届けいたします。

↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓