6/30 角幡唯介さん

『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』発売記念 オンライントークライブ 
――現代の狩猟漂泊行が私たちに投げかけるもの――


<イベント内容>
GPSのない極夜の探検で、日本のノンフィクション界に衝撃を与えた著者の新たなる挑戦。一人と一匹は、獲物をとりながら北を目指す。そのとき見つけた何かが、探検家のすべてを変えた。人間性の始原に迫る新シリーズの第一作を出された角幡さんに、2018年当時の狩猟漂泊行にいたるわけ、そしてその後のダイナミックな展望についてなどを、直接の声で語っていただきます。

<開催日時>
2022年6月30日(木)
19:30~21:00  
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2022年3月25日(金)10:00  

販売終了 視聴のみ 2022年6月30日(木)18:30
     書籍付き 2022年6月30日(木)18:30

<登壇者紹介> 

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)
1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大卒。探検家・作家。チベット奥地のツアンポー峡谷を単独で二度探検し、2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第42回大宅壮一ノンフィクション賞などを受賞。その後、探検の地を北極に移し、11年、カナダ北極圏1600キロを踏破、13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。16~17年、太陽が昇らない冬の北極圏を80日間にわたり探検し、18年『極夜行』(文藝春秋)で第1回Yahoo! ニュース 本屋大賞ノンフィクション本大賞、第45回大佛次郎賞。ほか受賞歴多数。19年から犬橇での旅を開始、毎年グリーンランド北部で2カ月近くの長期狩猟漂泊行を継続している。近著に『狩りの思考法』(清水弘文堂書房)。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+角幡唯介さん新刊『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』(集英社)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓