3/25 ネグリ=ハート

『アセンブリ』(岩波書店)刊行記念 『〈帝国〉』から『アセンブリ』へ、ネグリ=ハートの軌跡




<イベント内容>
世紀の変わり目に刊行された『〈帝国〉』以降、アントニオ・ネグリとマイケル・ハートは冷戦終結以降のグローバル秩序の行方と、それに対抗する新たな民主主義の可能性を問い、大きな注目を集めてきました。 今回のイベントでは、2012年の『叛逆』以来の著作であり、現在における最新刊である『アセンブリ――新たな民主主義の編成』の刊行を記念し、ネグリ=ハートの20年の軌跡と、『アセンブリ』における新たな挑戦について考えます。語り手は『〈帝国〉』の共訳者であり、『自由論』などの著作、そして近年ではD・グレーバーの訳者としても知られる酒井隆史さん、そして『アセンブリ』の訳者である水嶋一憲さん、佐藤嘉幸さん、箱田徹さん、飯村祥之さんです。 「アラブの春」やブラック・ライブズ・マターなど新たな時代の運動のうねりを、ネグリ=ハートはどのように受け止めたか? そしてマルチチュードによる「起業家活動」や「指導」といった新たな概念は何を意味するのか? 熱い議論にご期待ください。

<開催日時>
2022年3月25日(金)
19:30~21:00  
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2022年2月17日(木)10:00

販売終了 視聴のみ 2022年3月25日(金)18:30
     書籍付き 2022年3月25日(金)18:30

<登壇者紹介> 
酒井隆史(さかい・たかし)
1965年生まれ、大阪府立大学教授。

水嶋一憲(みずしま・かずのり)
1960年生まれ. 大阪産業大学経済学部教授。

佐藤嘉幸(さとう・よしゆき)
1971年生まれ、筑波大学人文社会系准教授。

箱田徹(はこだ・てつ)
1976年生まれ、天理大学人間学部准教授。

飯村祥之(いいむら・よしゆき)
1991年生まれ、筑波大学人文社会科学研究科博士後期課程在籍。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+『アセンブリ』(岩波書店)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓