3/24 松浦理英子×内田剛

『ヒカリ文集』刊行記念オンライントークイベント
松浦理英子×内田 「〈宿命の女(ファム・ファタール)〉像を塗り替える」


<イベント内容>
『最愛の子ども』から5年、松浦理英子さんの待望の長篇小説『ヒカリ文集』が刊行されました。学生劇団で男女問わず団員たちを次々に夢中にさせる賀集ヒカリは何者だったのか。数々の芸術作品で描かれてきた〈宿命の女(ファム・ファタール)〉のイメージを塗り替える新しい恋愛小説です。ブックジャーナリストの内田剛さんを聞き手にお迎えし、松浦さんに本作についてたっぷりお話しいただきます。

※イベントでのトークの動画の切り抜き、またトークの内容を文字で書き起こした物をインターネットその他で公開・配布することはご遠慮ください。

<開催日時>
2022年3月24日(木)
19:30~21:00  
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2022年2月22日(火)10:00   

販売終了 視聴のみ 2022年3月24日(木)18:30
     書籍付き 2022年3月24日(木)18:30

<登壇者紹介> 

松浦理英子(まつうら・りえこ)
1958年、愛媛県松山市生まれ。作家。青山学院大学文学部卒業。1978年「葬儀の日」で第47回文學界新人賞を受賞しデビュー。1994年『親指Pの修業時代』で第33回女流文学賞、2008年『犬身』で第59回読売文学賞、2017年『最愛の子ども』で第45回泉鏡花文学賞を受賞。他の著書に『セバスチャン』『ナチュラル・ウーマン』『裏ヴァージョン』『奇貨』などがある。


内田 剛(うちだ・たけし)
1969年生まれ。 ブックジャーナリスト 。約30年の書店員勤務を経て2020年よりフリーに。 文芸書ジャンルを中心に各種媒体でのレビューや学校図書館などで講演やPOPワークショップを実施。NPO本屋大賞実行委員会理事で設立メンバーのひとり。書いたPOPは5000枚以上。著書に『POP王の本!』がある。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+松浦理英子さん新刊『ヒカリ文集』(講談社)を1冊お届けいたします。

【サイン本付き】
オンラインセミナーの視聴+松浦理英子さんのサイン入り『ヒカリ文集』(講談社)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓