3/11 鈴木堅弘

【インターナショナル新書創刊5周年記念】
鈴木堅弘「『行為』以外に注目すると、春画はもっと面白くなる! 」


<イベント内容>
「タモリ倶楽部」『輝け!第1回 春画脇役大賞』出演でも話題の著者による、画期的な春画入門講座。
置かれている手鏡の意味は? 煙草、はさみ、着物の柄……春画に隠されたアイテムの意味のひとつひとつを読み解くことで、一枚の絵の中に奥深く艶やかな江戸情愛の物語が見えてくる――。
「何が、そこに描かれているのか?」「なぜ、それが描かれたのか?」を実際の春画を例に「図像学」の方法を用いて読み解いていきます。
●春画初心者にも楽しめるよう、「春画をどう見るか」「何が面白いのか」「何が魅力なのか」を分かりやすく解説。
●春画や浮世絵、江戸文化に詳しい人にも「図像学的に春画を見る」という新しい視点を提供して、既知のものも改めて新鮮な気持ちで楽しめる深掘りの魅力を提供。
●実際の貴重な春画を豊富に例示しながら解説。見て楽しい、学んで楽しい講座です。
※なお、当日は本書を読まれた方からのご質問にもお答えいたします。

<開催日時>
2022年3月11日(金)
19:30~21:00   
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2022年1月24日(月)10:00   

販売終了 視聴のみ 2022年3月11日(金)18:30
     書籍付き 2022年3月11日(金)18:30

<登壇者紹介> 

鈴木堅弘(すずき・けんこう)
1977年、愛知県生まれ。総合研究大学院大学国際日本研究専攻(国際日本文化研究センター)博士後期課程修了。博士(学術)。京都精華大学特別研究員。専門は日本美術史、江戸文化論など。春画のほか、仏教説話画、大津絵、妖怪画まで幅広く論じる。福岡市美術館「肉筆浮世絵の世界―美人画、風俗画、そして春画―」(2015年)では、春画の作品選定・解説を担当。著書に『春画論―性表象の文化学』(新典社)など。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+鈴木堅弘さん新刊『「隠しアイテム」で読み解く春画入門』(集英社インターナショナル)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓