2/10 島田雅彦

【インターナショナル新書創刊5周年記念】
島田雅彦「日本文学の異端と普遍と青二才 日本文学最低のキャラは誰か? Stay Foolish 」


<イベント内容>
日本文学は他に例を見ないほど深く、多様な芸術表現だと言われます。古代の神話、平安期の王朝もの、戦記、江戸時代に大発展した究極のエンターテインメント、明治期以降の内省と政治的色彩……。そして現在はAI(人工知能)と文学の関係が話題です。これらの作品と状況をまるごと一気に楽しみ、深く読むためのメソッドを作家・法政大学教授の島田雅彦氏が開陳します。
当日は、『深読み日本文学』を読まれた方からの質問も受け付けます。
●日本文学はすべて一個のキーワード「色好み」で楽しめる!?
●漱石の「月がきれいですね」 日本文学と外国語
●ドストエフスキーが谷崎を読んだら 日本文学と外国文学
●StayFoolish 本文学最低のキャラは誰か?
●最低を描いても普遍と崇高を描くことができるのが文学者の凄さ

<開催日時>
2022年2月10日(木)
19:30~21:00  
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2022年1月12日(水)10:00   

販売終了 視聴のみ 2022年2月10日(木)18:30
     書籍付き 2022年2月10日(木)18:30

<登壇者紹介> 

島田雅彦(しまだ・まさひこ)
作家、法政大学教授。1961年、東京都生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒業。在学中の83年に『優しいサヨクのための嬉遊曲』を発表し作家デビュー(後に新潮文庫)。著書に『夢遊王国のための音楽』(野間文芸新人賞受賞/福武文庫)、『彼岸先生』(泉鏡花文学賞受賞/新潮文庫)、『カオスの娘』(芸術選奨文部科学大臣賞受賞/集英社文庫)、『虚人の星』(毎日出版文化賞受賞/講談社文庫)、『深読み日本文学』(インターナショナル新書)、『君が異端だった頃』(読売文学賞受賞/集英社)、『スーパーエンジェル』(講談社)など。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+島田雅彦さん新刊『深読み日本文学』(集英社インターナショナル)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓