1/30 安田登×いとうせいこう

『古典を読んだら、悩みが消えた。』刊行記念オンラインイベント
「心の処方箋としての古典」


<イベント内容>
「心」という漢字が生まれたのが紀元前1,000年。それから500年経って孔子が生まれました。人は「心」によって未来を変える力を得ましたが、同時に未来に対する「不安」や過去に対する「後悔」という心の副作用も手に入れてしまいました。古典は、そんな心の副作用に対する処方箋としての力もあります。そんなお話を、古今の文学・芸能に詳しいいとうせいこうさんをお迎えして対談します。縦横無尽の天衣無縫トークをお楽しみに!

<開催日時>
2022年1月30日(日)
15:00~16:30    
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2021年12月27日(月)10:00    

販売終了 視聴のみ 2022年1月30日(日)14:00 
     書籍付き 2022年1月30日(日)14:00 

<登壇者紹介> 

安田登(やすだ・のぼる)
1956年千葉県銚子市生まれ。ワキ方の能楽師として活躍するかたわら、甲骨文字、シュメール語、論語、聖書、短歌、俳句等々、古今東西の「身体知」を駆使し、さまざまな活動を行う。著書に『あわいの力 「心の時代」の次を生きる』、コーヒーと一冊『イナンナの冥界下り』、『すごい論語』、『三流のすすめ』(以上、ミシマ社)、『身体感覚で「論語」を読みなおす。』(新潮文庫)、『能 650年続いた仕掛けとは』(新潮新書)、『野の古典』(紀伊國屋書店)、『見えないものを探す旅 旅と能と古典』(亜紀書房)など多数。


いとうせいこう
1961年生まれ、東京都出身。1988年に小説『ノーライフキング』でデビュー。1999年、『ボタニカル・ライフ』で第15回講談社エッセイ賞受賞、『想像ラジオ』で第35回野間文芸新人賞受賞。近著に『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』『今夜、笑いの数を数えましょう』『ど忘れ書道』『ガザ、西岸地区、アンマン』『福島モノローグ』などがある。音楽活動においては日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめ、日本語ラップの先駆者の一人である。現在は、ロロロ(クチロロ)、いとうせいこう is the poetで活動。 

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+安田登さん新刊『古典を読んだら、悩みが消えた。』(大和書房)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓