1/28 工藤顕太×永井玲衣

工藤顕太・永井玲衣対談「今、哲学すること」 
〜工藤顕太『ラカンと哲学者たち』刊行記念対談〜


<イベント内容>
気鋭のラカン研究者・工藤顕太さんが、2冊目となる著書『ラカンと哲学者たち』(亜紀書房)を上梓しました。
飛び抜けて難解といわれるジャック・ラカンの思想ですが、哲学者たちの言説と突き合わせて見たとき、ラカンが何と闘い、どんな問題を考え抜こうとしていたのかが見えてくる、そう著者はいいます。

これまでにない清新なラカン像を提示する本書をめぐって、瑞々しい言葉と柔らかな感性で哲学することを実践してみせる『水中の哲学者たち』が大きな話題を呼ぶ永井玲衣さんをお招きして対談を行います。
難しい言説をありがたく受け取るだけでなく、そこに脈打つ思想と向き合い、そのなかにみずから飛び込んで生き直してみること。「哲学研究」を超えて、「哲学すること」の喜びと苦労について語り合っていただきます。ふるってご参加ください。

<開催日時>
2022年1月28日(金)
19:30~21:00    
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2021年12月23日(木)10:00    

販売終了 視聴のみ 2021年1月28日(金)18:30 
     書籍付き 2021年1月28日(金)18:30 

<登壇者紹介>


工藤顕太 (くどう・けんた)
1989年東京都生まれ。専門は精神分析、哲学を中心とした思想史。早稲田大学文学部フランス語フランス文学コース卒業。日本学術振興会特別研究員DC1、パリ高等師範学校留学などを経て、2019年2月に早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在は日本学術振興会特別研究員PD(京都大学人文科学研究所)。早稲田大学、群馬県立女子大学にて非常勤講師。
著書に『精神分析の再発明 フロイトの神話、ラカンの闘争』(岩波書店)、『ラカンと哲学者たち』(亜紀書房)。


永井玲衣(ながい・れい)
哲学研究と並行して、学校・企業・寺社・美術館・自治体などで哲学対話を幅広く行っている。思考力の講師、哲学エッセイの連載なども行う。独立メディアChoose Life Projectや、坂本龍一・Gotch主催のムーブメントD2021などでも活動。著書に『水中の哲学者たち』(晶文社)。詩と植物園と念入りな散歩が好き。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+工藤顕太さん新刊『ラカンと哲学者たち』(亜紀書房)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓