1/23 小佐野彈×李琴峰

小佐野彈 『銀河一族』『僕は失くした恋しか歌えない』×李琴峰『生を祝う』刊行記念オンライントークイベント


<イベント内容>
日本で生まれ台湾で事業を営みつつ短歌や小説作品を発表し続ける小佐野彈さん。
台湾で生まれ日本で執筆し2021年7月に芥川賞を受賞された李琴峰さん。
日本と台湾の両国に深い関わりを持ち、ともにセクシュアル・マイノリティという共通点を持つ二人の作家。
そんな二人が2021年末にほぼ同じタイミングで新刊を上梓しました。
互いの新刊を読み解きあい、そこに描かれた「愛」や「社会」、そして、この世の中の「可変性」について白熱したトークを繰り広げます。
当日は、質問をお受けしますので、オンラインでのご参加の方も、ご来店の方も貴重な機会ですのでぜひご質問ください。

<開催日時>
2022年1月23日(日)
19:30~21:00    
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2021年12月15日(水)10:00    

販売終了 視聴のみ 2022年1月23日(日)18:30 
     サイン入り書籍付き 2022年1月23日(日)18:30 
             来店参加 2022年1月16日(日)23:59

<登壇者紹介> 


小佐野 彈(おさの だん)
歌人、作家。1983年東京都生まれ。2007年慶應義塾大学経済学部卒業。大学院進学後に台湾にて起業。台北市在住。第60回短歌研究新人賞、第63回現代歌人協会賞、第12回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNOBODY賞」を受賞。著作:『メタリック』(2018年、短歌研究社)、『車軸』(2019年、集英社)、『ホスト万葉集』(2020年7月、選者、短歌研究社)、『ホスト万葉集 巻の二』(2020年12月)、2021年11月30日に、自伝的青春小説『僕は失くした恋しか歌えない』(新潮社)、自身のルーツを歌い上げた歌集『銀河一族』(短歌研究社)の2冊を同時刊行。



李 琴峰(り ことみ)
作家、日中翻訳者。1989年台湾生まれ。台湾大学卒業後、2013年来日。 2017年、初めて第二言語である日本語で書いた小説『独り舞』(講談社)にて第60回群像新人文学賞優秀作を受賞し、作家デビュー。2019年、小説『五つ数えれば三日月が』(文藝春秋)で、第161回芥川龍之介賞、第41回野間文芸新人賞候補に。2021年、小説『ポラリスが降り注ぐ夜』(筑摩書房)で、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。小説『彼岸花が咲く島』(文藝春秋)で第34回三島由紀夫賞候補、第165回芥川龍之介賞受賞。2021年12月7日に芥川賞受賞第一作となる『生を祝う』(朝日新聞出版)を刊行。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【『銀河一族』サイン本付き】
オンラインセミナーの視聴+小佐野彈さんのサイン入り『銀河一族』(短歌研究社)を1冊お届けいたします。

【『僕は失くした恋しか歌えない』サイン本付き】
オンラインセミナーの視聴+小佐野彈さんのサイン入り『僕は失くした恋しか歌えない』(新潮社)を1冊お届けいたします。

【『生を祝う』サイン本付き】
オンラインセミナーの視聴+李琴峰さんのサイン入り『生を祝う』(朝日新聞出版社)を1冊お届けいたします。

【来店チケット+『銀河一族』書籍付き】
ワンドリンク+小佐野彈さん新刊『銀河一族』(短歌研究社)を事前に1冊お届けいたします。

【来店チケット+『僕は失くした恋しか歌えない』書籍付き】
ワンドリンク+小佐野彈さん新刊『僕は失くした恋しか歌えない』(新潮社)を事前に1冊お届けいたします。

【来店チケット+『生を祝う』書籍付き】
ワンドリンク+李琴峰さん新刊『生を祝う』(朝日新聞出版社)を事前に1冊お届けいたします。

※来店チケットをご購入された方に関しては、当日のトーク終了後に購入された書籍へため書き入りのサインを入れていただけます。

※書籍の発送は国内のみとなります。海外への発送は承っておりません。

 

↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓