11/26 鈴木董×岡本隆司

『歴史とはなにか 新しい「世界史」を求めて』(山川出版社)刊行記念 鈴木董×岡本隆司 オンライントークイベント 西洋中心史観を超えて


<イベント内容>
オスマン帝国史の泰斗にして『文字と組織の世界史』を著した鈴木董さんと、気鋭の中国史家で『世界史序説』を著した岡本隆司さんが、東西「アジア」史の立場から、歴史を考えるための前提となる「文明」や「世界史」、「宗教」などのテーマを深堀り。私たちの歴史観に内在する西洋中心史観を可視化し、新しい「世界史」像を考えます。

<開催日時>
2021年11月26日(金)
19:30~21:00
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2021年9月15日(水)10:00

販売終了 視聴のみ 2021年11月26日(金)18:30
     書籍付き 2021年11月26日(金)18:30

<登壇者紹介>

鈴木 董(すずき  ただし)
1947年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。法学博士。専攻はオスマン帝国史だが比較史・比較文化にも深い関心を持つ。83年より東京大学東洋文化研究所助教授、91年より同教授、2012年より東京大学名誉教授。トルコ歴史学協会名誉会員。
著書に、『オスマン帝国の権力とエリート』『オスマン帝国とイスラム世界』(ともに東京大学出版会)、『オスマン帝国―イスラム世界の「柔らかい専制」』(講談社現代新書)、『文字と組織の世界史―新しい「比較文明史」のスケッチ』(山川出版社)、『文字世界で読む文明論―比較人類史七つの視点』(講談社現代新書)、『食はイスタンブルにあり―君府名物考』(講談社学術文庫)など。


岡本隆司(おかもと  たかし)
1965年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学、博士(文学)。京都府立大学教授。専攻は東洋史・近代アジア史。
著書に『近代中国史』(ちくま書房)、『近代中国と海関』『属国と自主のあいだ』(ともに名古屋大学出版会。前著で大平正芳記念賞、後著でサントリー学芸賞受賞)、『中国の誕生』(名古屋大学出版会。アジア・太平洋賞特別賞・樫山純三賞受賞)、『中国の論理』(中公新書)、『世界史序説』(ちくま新書)、『「中国」の形成』(岩波新書)など。

<チケット案内>
【視聴のみ】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍付き】
オンラインセミナーの視聴+『歴史とはなにか 新しい世界史を求めて』(山川出版社)を1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓