10/14 高橋源一郎×穂村弘

「群像」創刊75周年記念 オンライントークイベント 高橋源一郎 × 穂村弘 「ギャングたち」のゆくえ


<イベント内容>
伝説のデビュー作『さようなら、ギャングたち』(1981年、群像新人長篇小説賞)から40年、今年の群像10月号(創刊75周年記念号)に「ギャングたち」に連なる新作を発表する高橋源一郎さんと、群像に「現代短歌ノート」を連載中の穂村弘さんが、小説と韻文の魅力について語り合います。

<開催日時>
2021年10月14日(木)
19:30~21:00  
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

<販売期間>
販売開始:2021年9月7日(火)10:00   

販売終了 視聴のみ 2021年10月14日(木)18:30
     書籍付き 2021年10月14日(木)18:30

<登壇者紹介>

高橋源一郎 (たかはし・げんいちろう)
1951年、広島生まれ。作家、明治学院大学名誉教授。1981年、『さようなら、ギャングたち』で群像新人長篇小説賞を受賞しデビュー。2002年、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、2012年、『さよならクリストファーロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞。他の著書に『今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史 戦後文学篇』『楽しい知識』『一億三千万人のための「論語」教室』『「ことば」に殺される前に』『ゆっくりおやすみ、樹の下で』等多数ある。


穂村弘(ほむら・ひろし)
1962年、北海道生まれ。歌人。1990年、歌集『シンジケート』でデビュー。現代短歌を代表する歌人として、その魅力を広めるとともに、評論、エッセイ、絵本、翻訳など様々な分野で活躍している。2008年、短歌評論集『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、連作『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、2017年、エッセイ集『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、2018年、歌集『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞を受賞。他の歌集に『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』(自選ベスト版)等がある。

 

<チケット案内>
【視聴チケット】
オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。

【書籍Aセット】
オンラインセミナーの視聴+『群像10月号』(講談社)を1冊お届けいたします。

【書籍Bセット】
オンラインセミナーの視聴+『群像10月号』(講談社)、
『さようなら、ギャングたち』(講談社)を各1冊お届けいたします。

【書籍Cセット】
オンラインセミナーの視聴+『群像10月号』(講談社)、『シンジケート[新装版]』(講談社)を各1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓