6/28 谷川浩司×大川慎太郎

藤井聡太と将棋の未来


<イベント内容>
AIの登場後、激変した将棋の世界。そこに彗星のごとく現れた若き巨大な才能。なぜ藤井聡太はあれほど強いのか。そして彼を取り巻く多士済々の強力なライバルたち。序盤・中盤の研究も進みますます過酷な頭脳スポーツとしての魅力を増す棋界のいまとこれからを、『藤井聡太論 将棋の未来』を刊行したレジェンドと、『証言 羽生世代』などの著者で知られる観戦記者が存分に語りつくす。

<開催日時>
2021年6月28日(月)
19:30~21:00    
※イベント終了後1週間のYouTubeにてアーカイブ配信があります。
※イベント開始の10分前より入室可能です。

<販売期間>
販売開始:2021年6月9日(水)10:00  

販売終了
視聴のみ   2021年6月28日(月)18:30
書籍付き   2021年6月27日(日)23:59
サイン本付き 2021年6月27日(日)23:59 

<登壇者紹介>

谷川浩司(たにがわ・こうじ)
1962年生まれ。神戸市出身。5歳で将棋を覚える。73年4月、5級で若松政和八段に入門。76年12月、四段。82年八段。83年6月、加藤一二三名人を4勝2敗で破り、史上最年少の21歳2ヵ月で名人位を獲得。84年九段。97年、羽生善治名人を4勝2敗で破り、二度目の復位、通算5期で十七世名人の資格を得る。2002年7月、公式戦通算1000勝。18年10月、公式戦通算1300勝を達成。竜王4、名人5など、タイトル獲得数は計27。棋戦優勝は22。2012年12月より17年1月まで、日本将棋連盟会長。2014年、紫綬褒章受章。著書多数。

大川慎太郎(おおかわ・しんたろう)
1976年静岡県生まれ。日本大学法学部新聞学科卒業後、出版社勤務を経てフリーに。2006年より将棋界で観戦記者として活動する。著書に、将棋ソフトとの関わりや将棋観について羽生善治や渡辺明ら棋士11人へのロングインタビューを収録した『不屈の棋士』『証言 羽生世代』(講談社現代新書)のほか、『将棋・名局の記録』(マイナビ出版)、共著に『一点突破 岩手高校将棋部の勝負哲学』(ポプラ社)がある。

<チケット案内>
・【視聴のみ】
 オンラインセミナー視聴に関する情報がダウンロードできます。
・【書籍付き】
 オンラインセミナーの視聴+谷川浩司先生の新刊『藤井聡太論』(講談社刊)を1冊お届けいたします。
・【サイン本付き】
 オンラインセミナーの視聴+谷川浩司先生の新刊『藤井聡太論』(講談社刊)に谷川浩司先生によるサインを書いていただいた本1冊お届けいたします。


↓↓詳細はそれぞれのチケット購入ページからご確認ください↓↓

販売価格 ¥1,700 通常価格 ¥1,990 書籍付き売り切れ
販売価格 ¥1,700 通常価格 ¥1,990 書籍付き売り切れ